×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 
痛みが生まれるサイクル
 

 

   痛みが発生するサイクルには、下記のようなサイクルがあります。このサイクルは、ニューヨーク大学医学部臨床リハビリテーション医学教授(サーノ博士の詳細は、ニューヨーク大学のページを参照して下さい。)によって、提唱されたTension Myyositis Syndorome:緊張性筋炎症候群という理論によるものである。

 運動後の筋肉痛は、乳酸などが筋肉にたまったものと考えられていますが、最近の研究では、筋肉痛は、筋繊維の損傷によっておこるものだという報告もあります。

 模式的に、下記に図示しました。